葛西海浜公園・臨海公園の生物多様性

  • 干潟を持つ公園:葛西海浜公園、干潟に隣接する葛西臨海公園では、たくさんの生物多様性を確認することができます。

◆西なぎさで観察可能な野鳥

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

◆公園内で観察された野鳥

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

◆水生生物

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

◆爬虫類・両生類・昆虫

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

◆植物(花)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

コアジサシと漂着ごみ

  • 西なぎさには春先(4月下旬から5月にかけて)にコアジサシが飛来してきます。飛来してきたコアジサシは、2011年から毎年繰り返し西なぎさにて営巣活動をしています。何回かは無事に雛が育ったことはありますが、様々な要因で営巣後抱卵まではうまくいくものの、その後は営巣放棄してしまっている状況が近年続いています。コアジサシが営巣放棄の大きな要因は、公園に棲み付いたカラスの仕業の様子ですが、夏季にかけて漂着ごみが増大することもひとつの要因です。

コアジサシは南半球からやってくる夏鳥(渡り鳥)で、環境省のレッドリストに絶滅危惧II類(VU)の指定を受けている希少種です。
人為的な要因でコアジサシの営巣放棄をすることが無いように、西なぎさで安心してコアジサシが営巣活動できる環境を整えたいものです…。